こんばんは、松井です。

今日はおすすめの映画を紹介したいと思います。



『象の背中』

象は、自らの死期を察知したとき、群れから離れ、死に場所を探す旅に出るという。

主人公の藤山は今まで仕事一筋に懸命にがんばってきたどこにでもいる普通の男です。
しかしある日、肺ガンであることが判明し、余命半年の宣告を受けます。

彼は延命治療を拒否し、『死ぬまで生きる』という選択をします。

しかし徐々に病魔が彼を蝕んでいくのです。

父として、夫として、男として、そして人として。
残されたわずかな時間を大切に生きていきます。


そして、別れのとき。

彼は何を思うのか、そして残された者は…




『生きていたいんだ、死ぬまでは。』





この言葉が最後に重く響きました。
本当に感動します。本当にお勧めです。
残された時間が半年だと知ったとき、あなたならどうしますか?




松井




関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL