古民家ギャラリー『柳風太田屋』さんです。
米田カヨさんの一番弟子、大高道康さんの 手打ち十割蕎麦のお店です。
昭和レトロなスペースでタイムスリップした感じでした。
素敵なペルシャ絨毯もたくさんありました。














最年少十割蕎麦打ち女職人のお弟子さんがいらっしゃいました。
初めに沖縄の塩でお蕎麦をいただきました。甘味があり、お塩だけでも食べれてしまいそうでした。へなちょこ団子は、きびのお餅のおしるこです。手作りの干し柿もいただきました。
大高さんが壁を塗ったり、テーブルや椅子をつくったりしているそうです。二階・三階?は、まだ作り途中ですが ギャラリーにするそうです。
来年の4月には、道の駅のような2号店がオープンするそうです!
興味を持った方は、ぜひ足を運んでみてください。
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL